行政書士とはどういった資格?

法律系の資格として代表的な行政書士ですが、行政書士資格をとればすぐに仕事に就けるというものではありません。
取得する人の多くは、既に行政と関わる仕事をしていて、その資格と知識を業務に役立てるのが目的です。
そうはいっても合格率はかなり低く、司法試験などに比べると初歩的とはいえ、憲法や民法など専門的な知識が必要になります。
ゆえに他の難度の高い法律系の試験を受けようとする場合に、自分の適性を測る目的で受験するといった人もいるくらいです。
法学部などで一度学んだことがある人は独学でも対処可能かもしれませんが、法律の勉強をしたことがないという方は、できれば資格の専門学校の講座を利用したほうが賢明かもしれません。
1年コースなら仕事をしながらでも、十分に余裕をもって合格が狙えます。